スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミーグランデ<ハーブス>モニターレポート 

これからの季節のオリムパスと言えば!

エミーグランデシリーズのレース糸」でしょう。

定番のエミーグランデはもちろんのこと、小ロットの<カラーズ>、<ハーブス>もあり、用途に応じて選べます。

20番手ぐらいで0~2/0号かぎ針で編める<カラーズ>・<ハーブス>は小ものをちょこっと編むのに丁度いいです。


さて、オリムパスさんの「エミーグランデ<ハーブス>1玉でバラのコースターを編んで下さい」とのモニター募集が始まったのは昨年のクリスマス頃。
募集期間が長かった(2月中旬ごろ)ので、すっかりエントリーしたことを忘れてました。

たまたま、アクアルミナスをチェックしていたら、モニターの発表がありまして。
(ウェア編んでみたくて調べてたんです。)


前回のクロスステッチに引き続き、モニターに選んで頂きありがとうございます。


前振りがかなり長くなりましたが、モニターレポートを始めます。

用意するのは、<ハーブス>1玉と2/0号かぎ針。あとは糸処理用に、とじ針とはさみ。これだけです。

エミーグランデ<ハーブス>

今回のモニター応募時に色が選択出来まして、私が選んだのは119番。
ピンクがちょこっとくすんだ感じのお色です。

真ん中の紙芯を取りましょう。

レース糸に限らず、春夏糸全般について言えますが、真ん中の紙芯が抜き取れるものは取っちゃいましょう。
そして、中から糸を取り出して使います。
(紙芯が取れないものは外側から使いましょう。)

土台を編みます。

編み図に従い、コースターの土台を編みます。
ココまでは、編み慣れた方なら難なく進めます。

ここからが一苦労というか、編み応えバッチリ部分。
土台の外側に花びらを編みつけていきます。

まず外側に花びらを

進んで、戻って、進んでの繰り返し。
引き抜き編みを駆使して、外側に16枚の花びらを。

外側が編めたところ

コレだけでもよさそうな気がしますが、内側に12枚さらに花びらを編むんです!

編み図とにらめっこして、どこに引き抜き編みをするかを確認しつつ、花びらを編み編み…

内側が編めたところ

内側の花びらも編めました!

編み始めから、ここまでの所要時間は約2時間。
編み慣れてる方だと思っていたけど、さすがにこの花びらには手こずりました。

アイロンかけると、さらに○

糸始末をし、スチームアイロンをかけると編み地が落ち着きます。

バラのコースター、完成

コレでバラのコースター完成です。


ツヤがよく、ちょっと甘めの撚りで、私は編みやすくてお気に入りの糸の1つです。

「花びらをこう編ませるのか~、おぬし、やるな。」ってとこが感想です。

初心者さんだとちょ~っと厳しいだろうけど、編み慣れた方には手ごたえありのうれしい編み図だったと思います。

レポートは以上です。


オリムパスさんでは、現在「タティングレース」のモニターを募集中です。
タティングレースに興味ある方は是非ご応募を♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ


- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。