スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リネンナチュールで ニットタイ 

オリムパス リネンナチュールで


編んでましたニットタイ、できました。
(私のPC、いつもタイを鯛と変換してくれるおめでたい奴)

リネンナチュールのニットタイ

ほぼ2玉使って(ちょこっと残ったけど)
幅、約4cm 長さ 約135cm

色番は13番の青(紺に近いかな?)

幅の広い方から、号数変えてのゲージ調整で「細くなるかな~?」とがんばりましたが。
数ミリ縮まっただけでした。

「雪割草」って模様です。

ヴォーグの復刻本で手に入れたかぎ針編み割り出し法より、「雪割草」っていう模様を選択。

細編みと長編みで出来る模様です。

両端は、よ~くみるとごくわずかにスカラップ(?)状態ですが、これはコレでいいんじゃないかとそのまま。

編み始め側の端っこだけは鎖目との間に穴が目立ったので、1段細編み編んでみました。

お教室題材&作品販売のため、2本ほど量産してみようかと思います。
(2本ぐらいじゃ、量産とは言わないか…)

使用針:作り目-5/0号かぎ針
    編み始め~10cmぐらいまで-4/0号かぎ針
    1玉分編みきるまで-3/0号かぎ針
    必要な長さまで-2/0号かぎ針



本日は4月1回目のお教室日。

後身頃の割り出しをがんばってしてみました。
元の編み図は「ヨーロッパの手編み2012春夏」掲載のカーデ。

('09の本はM/Lサイズ掲載だったのに、いつの間にMサイズだけとなってしまったんだろう…)

とにかくLサイズにするべく、あれこれ数値を直して、目数段数出して…としてたら。
あっという間に、時間が過ぎました。

「手編み」の時間なのに編み針持つことなく終わるとは!

5月末までに完成出来るよう、進めていきたいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ


- 2 Comments

喜代  

ニットタイ、簡単そうに見えて、結構難しいですよね。
普段ネクタイをしないので、あの幅とか長さとか何がいいのか使いやすいのかわからなくて。
でもこの編み方いいと思います。
かぎ針で編むとどうしても重くなってしまうから、固さと軽さの両立した編み図って素晴らしいです。

ていうか、ヨーロッパの手編み、Lサイズの掲載無くなっちゃったんですか!(-ι_- )
むしろこの本を買う人にとっては、Lサイズの需要のほうが多かったのでは?と思うのですが。
いろんなところでチョコチョコと経費削減してるんですかね?

2012/04/14 (Sat) 11:56 | REPLY |   

あみもの猫  

喜代さんへ

☆喜代さんへ

そぉなのよ~、ヨーロッパの手編み、Lサイズないの。
絶対、M・L両方ある方がいいと思うのにね。
ものによっては、「これ、華奢なモデルさんに合わせてるな」って寸法もあるし。
コレじゃあ、本、売れなくなっちゃうぞ!

リネンナチュールだと綿麻のハーフ&ハーフなんで、硬さもしっかり、とっても軽いってわけじゃあないけど、多分綿100%の同じ太さの糸よりかは軽く出来てると思います。
編み図の参考に手編みOh!縁屋のキットと、ニットマルシェの最新号を。
どっちもだいたい長さが130~135cmぐらいだったので、ネクタイの長さってこんなものなのかなって。
幅に変化を出すか、出さないかで編み方も変わってくるし。
単純そうで奥深いかも…

ニットタイ出来れば、カチュームもいけるかな?とちょっと思ってます。

2012/04/14 (Sat) 16:08 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。